文字
サイズ

NPOの活用例

HOME / NPOの活用例 / グッドガバナンス認証団体の活用事例(遺贈寄付 受遺団体のご紹介)

グッドガバナンス認証団体の活用事例(遺贈寄付 受遺団体のご紹介)

 

非営利組織評価センターは全国レガシーギフト協会と連携し、遺贈寄付を推進しています。

当センターのグッドガバナンス認証を取得した団体は、
第三者からの組織評価を受け、信頼性・透明性の高い団体です。

グッドガバナンス認証を取得した受遺団体を紹介します。

 

認定特定非営利活動法人 アクト川崎

グッドガバナンス認証
団体詳細ページ
遺贈寄付の受け入れはこちら
所在地 神奈川県
団体概要

川崎市内の環境保全・地球温暖化対策を多くの市民団体、事業者、学校、行政と連携しながら、推進するとともに、環境分野・まちづくり分野の人材育成、活動支援、異分野とのコラボレーションを行っています。
2011年から、川崎市地球温暖化防止活動推進センターを運営し、2017年4月からは「アート&エコロジー」をテーマに、新たに小黒恵子童謡記念館の管理運営をしています。

 

 

特定非営利活動法人 こども∞感ぱにー

グッドガバナンス認証
団体詳細ページ
遺贈寄付の受け入れはこちら
所在地 宮城県
団体概要

東日本大震災により、子どものあそび場や居場所が姿を消した宮城県石巻市で、プレーパーク(屋外型児童館のようなもの)事業とフリースクール(不登校の子どもの自立支援)事業を2つの柱に活動しています。
今、子どもが自由に、思い切り遊べる環境が少なくなっています。どろんこ遊びや作りたいものを工作した経験のない子も増えています。また、親や教師以外で、悩みや喜びを共感してくれる大人の存在も少なく、子どもの孤立、虐待の発見の遅れ、不登校が増え続けていることは大きな社会課題となっています。私たちは、プレイワーカー(子どもに関わる専門スタッフ)を配置し、安心して過ごせる居場所をつくり続けることで、子どもが抱える社会課題を一つ一つ減らしていきたいと考え活動しています。
そして、子どもの「遊びを保障」し「居場所を保障」する場を増やすための取り組みを行っています。

 

 

 

認定特定非営利活動法人 消費者スマイル基金

グッドガバナンス認証
団体詳細ページ
遺贈寄付の受け入れはこちら
所在地 東京都
団体概要

消費者団体が取り組む消費者被害回復・防止に関連する活動への助成事業
平成29年度の消費者被害は総額で5兆円弱、国民一人当たり約3万9千円です。国の認定を受けてこうした被害者を救う活動を行っている適格消費者団体、特定適格消費者団体が全国に19団体あります。泣き寝入りが多い消費者の被害防止・救済という公益的な活動を、ほぼボランティアで行っている団体等に、活動資金を援助するのがスマイル基金です。

 

 

認定特定非営利活動法人 スペシャルオリンピックス日本・東京

グッドガバナンス認証
団体詳細ページ
遺贈寄付の受け入れはこちら
所在地 東京都
団体概要

スペシャルオリンピックスは、知的障害のある人(アスリート)たちに、様々なスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じて提供している国際的な活動です。スペシャルオリンピックス日本・東京は、その国内最大の地区組織として現在、15のスポーツプログラムと7つの文化プログラムを実施。アスリートたちの自立と社会参加を応援し、「インクルージョン(包み込む)社会」の創出をめざしています。

 

 

特例認定特定非営利活動法人 三段峡ー太田川流域研究会

グッドガバナンス認証
団体詳細ページ
遺贈寄付の受け入れはこちら
所在地 広島県
団体概要

「やっぱりここに帰ろっか」をキーワードに百年後もあなたにとっての『ここ』が子ども達に届き続くために活動します。 私達はフィールドの中で生態系を学び、自然と人とのかかわりを共に考え、一人ひとりの価値や、人と人との繋がり方を提案し続けます。主なフィールドは、国が文化財保護法に基づいて指定し電源開発等の人と自然の狭間に苦しむ歴史もある特別名勝三段峡で、環境保全と歴史文化の伝承・人材育成に取り組みます。

 

 

 

認定特定非営利活動法人 日本IDDMネットワーク

グッドガバナンス認証
団体詳細ページ
遺贈寄付の受け入れはこちら
所在地 佐賀県
団体概要

日本IDDMネットワークは不治の病である1型糖尿病の根絶に向けて活動しています。阪神・淡路大震災の際、患者がインスリンの入手に大変な苦労を強いられたことを契機に、患者・家族の全国的連携を図るため1995年9月に発足しました。当面のゴールは、この1型糖尿病を「治らない」から「治る」病気にし、注射等によるインスリン補充が一日たりとも欠かせない患者と家族が希望をもって生きられる社会の実現を目指しています。

ご遺族により託された遺産による「山田和彦賞」を創設し、山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長へ授与

 

 

 

社会福祉法人 対馬市社会福祉協議会

グッドガバナンス認証
団体詳細ページ
遺贈寄付の受け入れはこちら
所在地 長崎県
団体概要

本会は、平成30年3月策定の「第3期対馬市地域福祉計画・対馬市地域福祉活動計画」並びに平成30年11月に策定した「第3期基盤強化・活動中長期計画」を両輪として市民並びにあらゆる関係者、関係機関の参加と協働のもと地域福祉活動を推進することにより、「誰もが安心して幸せに暮らすことができる福祉の対馬(しま)づくり」の実現にむけた活動を展開し、市民から期待され信頼される社協をめざします。

 

遺贈寄付の窓口(全国レガシーギフト協会)

遺贈寄付ウィークのお知らせ(2020年9月5日から14日まで)

 

<本件についてのお問合せ先>

一般財団法人 非営利組織評価センター 事務局 担当:浦邉
office@jcne.or.jp