文字
サイズ

グッドガバナンス認証 認証団体

HOME / グッドガバナンス認証 認証団体 / 認定特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会

二ホンファンドレイジングキョウカイ

認定特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会

法人名
認定特定非営利活動法人 日本ファンドレイジング協会
活動分野
  • NPO支援
  • 社会教育
認証番号
2019G(0)0009
認証有効期間
2019/6/21~2022/6/20
団体HP
https://jfra.jp/
所在地
東京都
代表者名
鵜尾 雅隆
代表者メッセージ

  世界に類を見ない急速な人口減少・高齢化が進展する中、社会課題がますます多様化・複雑化しており、従来の行政中心の取り組みだけでは対応に限界があることは明白です。今後、社会的課題解決の中心的担い手である我々非営利組織等の「信頼性」がますます問われる時代になってきました。「社会のために、何か役に立ちたい」という思いのこもった善意の資金(寄付や社会的投資)をお預かりし活動する非営利組織等にとって組織の「信頼性」はとても重要です。

  そこで、今回私たちは、アドバンス評価、グッドガバナンス認証を取得することにしました。今後も多くの非営利組織等が認証を取得することで、自団体のガバナンス、透明性の向上に 努め、「信頼性」を向上させることを願っています。

団体概要

  日本ファンドレイジング協会は、2009年の設立以来、寄付・社会的投資が進む社会の実現を目指して、非営利組織において資金調達(ファンドレイジング)に携わる人々や、寄付などの社会貢献に関心を寄せる人々のためのNPOとして、認定ファンドレイザー資格制度やファンドレイジング・日本、子ども向けの社会貢献教育、遺贈寄付の推進、社会的投資推進のための調査・研究、寄付白書の発行などに取り組んでいます。


アドバンス評価

アドバンス評価は、NPOの目指してほしい姿として、4つの領域を設定し、評価の基準(全27基準)を設けました。

  • 学びと創造

  • 市民参加と連携・協働

  • 自立と自律

  • 社会的責任と信頼

〈学びと創造〉

組織の事業活動を実践する上で基盤となる、組織の内部と社会に対する責任と情報公開

●受益者本位の視点によるニーズの把握と改善
●課題の共有と改善
●創意工夫、及び人材の育成
●社会への情報発信と啓発活動

〈市民参加と連携・協働〉

組織のマネジメント、総会、理事会、監事の権限分配と主体的な自立と自律の意思決定執行管理

●市民参加
●連携・協働
●寄付

〈自立と自律〉

組織の基本的な姿勢で市民の自由な発想と参加に基づく活動形態と協働による価値の創造

●事業運営
●リスクの管理
●ガバナンス
●財務と会計

〈社会的責任と信頼〉

組織の事業活動を実践する上で基盤となる、組織の内部と社会に対する責任と情報公開

●人権尊重と環境への配慮
●コンプライアンス