文字
サイズ

評価結果の活用事例

HOME / 評価結果の活用事例 / 認定NPO法人 ポケットサポート(岡山県)の活用事例

認定NPO法人 ポケットサポート(岡山県)の活用事例

【クラウドファンディング活用事例】基礎評価の評価結果は団体サイトの寄付ページや会報など様々な形で、ご活用いただいています。

5月末の評価結果公開団体の認定NPO法人ポケットサポート様はクラウドファンディングReadyForのプロジェクトページに評価結果ページのリンクを貼り、信頼性をアピールされています。(ページ中ほど)
https://readyfor.jp/projects/17036

pocket-support5

(クラウドファンディングサイト「Readyfor」内、認定NPO法人ポケットサポート プロジェクトページより 2018年8月2日時点)

こちらのプロジェクトは目標金額を上回る寄付を集め、2018年7月20日に成立しました。

  非営利組織評価センターの第三者組織評価を知ったのは、当団体が認定NPO法人の申請準備を進めている途中でした。今後、助成金や補助金による組織運営ではなく寄附型の組織運営を進めるために、「認定NPO法人」と「第三者組織評価」という2つの評価を受けることは、利用者だけでなく支援者からも信頼を得るために必要不可欠だと感じていました。認定NPO法人は広く一般から支持を受けているか、より多くの情報公開が行われているか等がポイントとなりますが、第三者組織評価は健全な組織運営がポイントになっており、より幅広い分野の規定作り等を行うことで適正化することができました。
 この度、2018年6~7月に実施したReadyforではプロジェクトページ内に「第三者組織評価を受け、全ての基準を満たしていると評価されました」と記載しました。初めて当団体を知って頂いた方や、寄付をいただく皆様にとって、法令順守・健全な組織運営を行っている団体だと安心感をアピールすることができたのではと考えています。
 今後もクラウドファンディングだけでなく、広報チラシなどの印刷物への記載や、助成金・補助金申請書への記載など、様々な場面で健全な組織運営をアピールできる手段として第三者組織評価を有効活用していきたいと思います。

(認定特定非営利活動法人ポケットサポート 事務局 奥田修平様)

認定特定非営利活動法人 ポケットサポート 評価結果公開ページ