文字
サイズ

評価を受ける
NPO等の方へ

HOME / 評価を受けるNPO等の方へ / 評価結果公開までのステップ

評価結果公開までのステップ

非営利組織評価センター(JCNE)

評価を受ける団体

  • STEP1

    資料取り寄せ

    ご案内

    評価の申込みから
    必要書類をダウンロード

  • STEP2

    自己評価

    自己評価について問い合わせ対応

    自己評価(1~2カ月)

  • STEP3

    第三者評価申し込み

    受領

    自己評価結果および書類データの送付

  • STEP4

    第三者書面評価

    評価(1〜2カ月)

    評価経過についてご連絡

    団体内で確認

    受領

    再提出期間に不足書類送付

  • STEP5

    通知

    評価結果の送付

    評価結果情報を確認
    2017年度は評価結果の公開を希望しない場合は、
    公開しないこともご選択いただけます

    団体詳細情報等を登録

    評価結果のWEB公開・通知

    評価マーク等のご提供は2017年度以降を予定しています。

自己評価の方法

評価項目基準が「問い」の形であります。

5つの評価の対象(設問数) 設問数23
1.組織の目的と事業の実施(5) 組織の目的
事業の実施
2.ガバナンス(6)
3.コンプライアンス(3)
4.情報公開(3)
5.事務局運営(6) 資金管理
文書保存
職員雇用がある場合 雇用

※職員の雇用が無い場合は20基準のみが評価基準となります。

設問の例)ガバナンス領域の基準として「監事は監査を行っている。」
この評価基準について、自己評価「はい」の場合は直近の監査報告書をエビデンス書類として添えて提出してください。

エビデンス書類再提出期間(仮称)について

評価結果をフィードバックする報告書には評価者からのコメントが付与されます。また、エビデンス書類が不足しているものについてもお伝えします。評価を申し込んだ団体様は再提出期間にエビデンス書類がある場合はご提出ください。再提出の書類内容に基づき最終評価を行います。